きぬやのびぼうろく

地方の大学生。5000兆円欲しい。人生はつらい。

「なりたい自分」がない子どもが大学生になると。

月曜日なんですが、あんまり「月曜日感」がないですね。まぁ祝日だからなんですけど。

 

「なりたい自分になる!」

 

本気になった人が通うことで知られる専門学校の大●のCMでおなじみの「なりたい自分」というフレーズですが、僕は昔からこのフレーズにあんまりピンとこなかったんですね。

 

小学校の時も中学校の時も「それでは将来の夢について調べてみましょー」と言われても僕にとってはあくまで「来週までにやらないといけない課題」に分類されるわけで特に自分の将来について考えてきたわけではないんです。

 

高校の時もなんとなくで進路を決めてそして大学生になってしまったと。

 

 

もうすぐ社会人になるんですが結局「なりたい自分」って何なんですかね?

 

ただ1つだけ言えるのはこれがある人はやっぱある程度のところまでは強いですね、それは能力とか関係なく…

 

意欲が能力を上回るのかという問題もありますが、それはまた別の機会。

 

 

でも「なりたい自分」がなくても勉強だけはもっとしておくべきだったと少し後悔しております。勉強することで見えてくるものもあったはずだし、無知であることはそれだけで損なので。

 

 

今日の鬱:今日も今日とて はやおきにしっぱい(2.3鬱)